富士山の写真

ギャラリー抒情歌館とは

ABOUT US

浅草寺二天門からスカイツリーに向かって歩いて2分、浅草駅から5分のギャラリー

小田急線新百合ヶ丘の地で27年営業していたギャラリーが、2018年、浅草の地に移転し、ギャラリー抒情歌館として新たにオープンしました。

ギャラリー抒情歌館は、東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線・都営浅草線の浅草駅から5分、浅草寺や隅田川まで徒歩2~3分の好立地です。浅草寺東参道に面した1階にあり、前の通りを歩く世界中からの多くの外国人が訪れています。

日本の抒情歌は、明治・大正・昭和・平成と歌い継がれてきた優れた文化です。
私どもは2017年より「日本の抒情歌を描く」展コンクールを立ち上げ、この日本の抒情歌をアートの形でも継承する活動を続け、2019年には3回目のコンクールを浅草公会堂にて開催し好評を博しました。

常設展では、日本人の心の風景である日本のうた・童謡・唱歌・わらべ歌・思い出の歌等の歌詞に基づいて絵画表現した作品を主に展示しています。

貸画廊では、若手からベテランの作家にいたるまで、すべての創作者のための表現の場としてお使いいただいています。また、作家の企画展も行っています。

浅草には多くの見るべきところが多くございます。浅草寺、浅草演芸場、花やしき、仲見世通り、美味しいグルメめぐり、などなど。浅草にお越しの際には是非当ギャラリーへもお気軽に足を運んで下さい。

代表武生 弘子

Asakusa Jojoka-kan Gallery

ABOUT US

December 2018, Asakusa Jojoka-kan Gallery was born in Asakusa

We mainly exhibit works that were pictorial representation based on the “Jojoka” (means lyrical song) such as Japanese songs, nursery rhyme, songs of the childhood, and songs of indivisual memories that is the heart of the landscape of Japanese (and of the world).

"That is certainly the proud cultural heritage of world-class: Japanese “nursery rhyme” created by first-class poets and first-class musicians that are so unique to Japan. " (Ikuo Hirayama quoted from "Picture Gallery, Four Seasons Japanese song" supervision)

Japanese lyrical songs (Jojoka) that have been passed down to sing the Meiji, Taisho and Showa-Heisei, consist of songs deeply remaining in each of the heart and of friendly melody that we can sing with young and old in parent and child together anytime anywhere. We started this Asakusa Jojoka-kan Gallery as an art culture business for the legend of this heritage.

In addition, the excellent gemstone (jewelry) made by Yamanashi-prefecture's craftsman who had received numerous awards of the technique of "hand cutting" that has passed down traditionally from the Edo era.

RepresentativeHiroko Takeo

~日本人の心の風景~「日本の抒情歌を描く」展はこちら

Translate »